2017年7月9日日曜日

脱”ザル投資家”

前回書いた投資に向く人、向かない人だが、これは性格とか態度とか気持ちの持ち方、などという心理的なものに根ざしている

この心のファクターが悪い人はザルでバケツに水を入れるような非効率な投資家になりやすい
 一方、心のファクターが良い投資家は高いパフォーマンスを得やすい


「心の違い」によって、同じ銘柄を売買しても、良い投資家が30~40%というリターンを得る一方で、ザル投資家はせいぜい10%の儲けにとどまる、そんな差が生じる

「心の違い」が、買うべき時に買えるか買えないか、売るべき時に売れるか売れないかという投資行動の差となってしまうからだ

だから投資世界では、心は重要な要素だと認識されている。
行動経済学という投資における心理学の分野も確立している。

努力すればザル投資家を卒業できるので、頑張って欲しいと思う。

facebookコメントヘ