2015年7月11日土曜日

恥と怒り、、投資では厳禁

恥をかくことを極度に嫌う人、民族
彼らが恥をかいた時は、冷静さを失う


李克強は、欧州出張中に「上海株の暴落を防げなかったこと」を恥だと感じた、と言われている。
それゆえ急遽帰国し、欧州で恥をかいたと怒りまくり、いかにもアタフタ、非冷静な「市場規制」を乱発した。
今後も「恥と怒り」による失政は、政治面、金融面で起こる。

投資に際しても、怒り売買は厳禁だ

何かを人前で言った後に、前言を翻すのは恥ずかしいと、更新変更を躊躇する、、これも厳禁だ




上海株の試練は、来週から始まる。
利益の裏付けのない株を、人為的な操作で買い支えることは、長期的には不可能だ。






株価に注力せず、経済に注力すべき
なのだ。

李克強は、冷静に戻れるだろうか?


facebookコメントヘ