2018年3月22日木曜日

目次 & このブログに関して

投資を実行する前に必要な事が色々ある
知っておくこと、身に着けておくこと、態度知識スキル

社会経済ニュースや企業情報は、インプット・データだが、
そのデータを上手に解釈する、投資に役立つように解釈する、、それがもっと重要だ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔のブログ → 豊健活人生
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<< シリーズ記事の目次 >>
2017年7月~:次の30年に備えて、まずは5年先まで考えてみる
2017年6月~:Apple Microsoft Amazon Google Facebook再考
2017年2月~:朝鮮半島問題
20174月~:ブランドの再編
2017年4月~:2017年4月の現金化と復活
2016年11月~:2017年を考える
2016年8月:社会が育てる子供
2016年8月:中国の民主化
2016年5月:インフレと低金利
2016年4月~:春山ルール
2015年12月:2016年を考える
2015年9月:AI & Deep Learning
2015年8月:上海株式市場の暴騰&暴落
2015年7月:名古屋証券取引所IRフェスタ2015セミナー
2015年6月:地政学リスク

2017年8月22日火曜日

春山ルール_36:個別判断の徹底

インデックスに投資する場合は、相場全体(=インデックス)が安いときにインデックスのETFを購入すれば良い。
そして、相場が非常に高くなって、この高値は維持不可能で下落して低迷相場がかなり長いと判断すれば、ETFを売れば良い。

しかし、個別株投資の場合は各銘柄の上下動が相場全体の上下動とはタイミングがずれる事が多い。
インデックスの購入タイミングと個別株の購入タイミングとは異なるのだ。
それは当然の事だが、各銘柄の売却タイミングも個別バラバラに判断すべきである事を意味する。


ともすれば、個別株を全て買い終わった後は、持ち株全体をポートフォリオとして考えて、毎日の時価総額変化に一喜一憂したり、その増減で保有株の売買を考えるように変化してしまう人が多いが、それはインデックス投資には該当しても個別投資には妥当しない。

個別株投資の場合は、持ち株が一銘柄なら1個10銘柄なら10個売買タイミング判断をバラバラにするべきものだ。

銘柄数を多数保有しすぎると、判断が追い付かなくなり、売買ミスをする。
だから、個人投資家には10個以下、できれば5個以下の保有を勧めている。

春山ルール : 目次

投資に関するルールは、作ろうと思って作れるものではない。
痛い思いを何回かして、「あー、こうしちゃイケナイノね」と徐々に思い知るものだ。
それは個人の性格や癖による部分も多いので、万人に共通ではないかもしれない。
小技みたいな領域のものから、そもそも論的な大きなものまで、雑多だ。

1.2Q連続でダメ決算、失望決算なら離脱する
2.6ケ月待て
3.PERは60倍が限度
4.パフォーマンスの足を引っ張るのは「後ろ髪」銘柄
5.不正を働いた企業には投資しない
6.べき論を排する
7.不調なら休む
8.現状を受け入れ、ゼロ・スタートする
9.自分の目標と競争しろ、他人と競争するな
10.何で儲けても百万円は百万円である
11.そういう事だったのね、株価は織り込み済み
12.変節点
13:失って初めて思い知る
14:気持ち悪くなったら脱出しろ
15:25%ルール
16:ペナルティはしっかりと受け入れる
17:計画通りに実行し続ける
18:飛び乗ったら、飛び降りろ
19:得意技で勝負しよう
20:金持ち喧嘩せずは相場のリズム
21:条件反射の「反対&disり」は損失への一本道
22:前回バブルの主役には触ってはならない
23:焼けボックイの深追いは無用
24:迷ったら大きい方へ
25:楽観と悲観の非対称性を知って売買する
26:ネガティブ思考人を避ける
27:リズムが合わないものを売る
28:何か発表するらしい = 悪い事
29:目的と手段を逆転させるな!
30:心やすらかな投資のためには、タイミングが重要
31:定点観測の意味
32:定点観測時のご法度
33:証券会社、販売会社に文句を言わない
34:怒りと嫉妬を排してバカになる
35:部屋が散らかっている人は金融詐欺に騙されやすい
36:個別判断の徹底
37:


2017年8月21日月曜日

目次:農業を考える

1:農業を考える_1:安全よりも安さを優先するデフレ中毒
2:農業を考える_2:安心と安全

3:農業考えるシリーズ_3  : チョット真面目に考えるぞ宣言!
これまでは株式投資には関連が限定的だったし、春山の九州の田舎が農家だったが、その実態が理不尽、非合理的、非生産的であり、嫌悪感を持ってきた。
ひょんなことで考える端緒ができた。コメント、メッセージも頂戴した。
冷徹に考えをまとめてみようと決めた

4:農業はビジネスだ
5:自分たちは選ばれるか?
6:農業従事者もビジネスマンとして、学び戦う存在
7:流通を支配する
8:IYの動き
9:
10:

農業を考える_1:安全よりも安さを優先するデフレ中毒

農業を考える_1
安全よりも安さを優先する「デフレ中毒で正常な神経がマヒした」人々が、食品スーパーの運命を支配しているから、こうなるのだと思います

こんな記事もあるが裏は取っていない
 豆腐じゃなくても、安ければ良いの?????
今度、イオンに行ってチェックしてみよう

https://ameblo.jp/tunanow/entry-12227086179.html

農業を考える_2 : 安全と安心の混同をやめよう

安心は「主観的満足」、安全は「客観的な証明」
昨夜9時からJ-Waveを聴いていたら、日本の消費者は「安心と安全を区別していない」という話があった。
出演していた西辻さんは、内閣府国家戦略特区農業特区委員就任してます
日本の農産物に対する日本人の安心感は絶大だ。そして安心感ゆえに、安全性には無関心、ノーチェックで信じ切っている。
だから、農業関係者や食品スーパーが、国産というだけで消費者が安心してくれるので、海外では禁止されている悪い成分を含む安価な肥料や添加剤、表面コーティング剤など含まれる農産物を売っている。
これでは日本の農産物は海外に輸出できない、という話だった
この会社の社長の話だった
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E8%BE%BB%E4%B8%80%E7%9C%9F